2007年12月27日

花模様を繋いだストール

三角のショールを編んでるとかいう記事をアップしていましたが、同時進行で編んでいた四角いストールが先に完成しました。
花模様を繋いだストール

かぎ針編みパターンブック300』に掲載されている2種類の模様を少しアレンジして、繋げて編んでみました。

まず1つ目。両端と真ん中がこの模様になっています。
1つ目のお花模様
中長玉編みのお花…綺麗に仕上げるのは至難のワザふらふら
なので諦めて綺麗に仕上げてませんけど、気にしない気にしないっあせあせ(飛び散る汗)

続いて2つ目の模様。1つ目の模様の間に配置してます。
2つ目のお花模様
こちらは、本では花模様ではなくネット編みの模様として分類されてるものなんですが、なんかお花っぽいなぁと思って…目がつんでてなんかよく分かりませんけどわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

2つの模様の間は、5つ巻長編…っていうんでしょうか、針に5回糸を巻く長編を1段入れてます。
模様と模様の間は5つ巻長編

1つ目の模様→5つ巻長編→2つ目の模様→…略…→1つ目の模様、と順に編んだあと、周りをぐるっと縁編みしました。
額縁のような縁編み
これは一応オリジナル。模様とのバランスを見ながら編んでいきました。
額縁みたいな雰囲気が気に入ってはいますが、角の処理はカナリ自信なし………何気にちょっとクルリンとなっちゃうのは、目の数が合っていないからかもしれませんたらーっ(汗)

幅が約47cm、長さが約150cmと大きめに作ったので、色んな着こなしができます。
ここですべてを紹介してると長くなってしまうので、次の記事でアップしま〜するんるん
posted by 木春 at 21:53| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

花繋ストール着こなし術
Excerpt: 花模様を繋いだストールは、基本はただの長めの長方形ですが、使い方次第で色んな着こなしができます。 ここではその一部をご紹介。
Weblog: 木春日和~こはるびより~
Tracked: 2007-12-27 22:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。