2008年03月24日

紺と白の文庫本カバー

昨日渡して来た文庫本カバーです。
紺と白の文庫本カバー

以前編んだ有機綿の文庫本カバーと同じような、モチーフと模様編みを組み合わせた形。
前回は背表紙に違い側にモチーフを持って来たんですが、今回は反対の本をめくる側にモチーフを持って来てみました。
紺白文庫本カバーのモチーフと模様

このモチーフは実は、『おうちで編み物』に掲載されているルームシューズのモチーフですわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
シンプルで可愛いモチーフなので編んでみたくて、編んでみたら大きさ的に文庫本カバーにピッタリだったので、そのまま文庫本カバーにしちゃいました。

模様編みは、いつもお世話になっている『かぎ針編みパターンブック300』に掲載されているもの。
裏表紙側は模様編みのみになっていて、裏表紙を開いた部分までずっと続いています。
紺白文庫本カバー裏表紙側 文庫本カバーの裏表紙を開いたところ
栞はシンプルに、鎖編みのところどころにピコットを入れたものにしてみました。

モチーフから目を拾って模様編みをするのはやっぱり難しくて、どうしてもヨレッとなってしまいますたらーっ(汗)
…ぁ、アイロンとかあてれば良かったんだろうか………(もぅ遅い)
posted by 木春 at 23:35| 岡山 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の〜!!夜遅くまでありがとうございます。
私は幸せモンです。。。
デザインはもちろん、栞がお気に入りです!
Posted by かや at 2008年03月25日 00:54
かやちゃんコメントありがと〜☆
そうサ!キミのサッ!
栞は唯一思いきりオリジナルな部分なので、気に入ってもらえて本当に嬉しいよ〜〜〜(^^*)ありがとねん♪
Posted by 木春 at 2008年03月25日 20:28
かわいい〜!
白の縁取りというか、端っこの白の模様とか、とてもカワイイです。
スチームしたらもっと美しくなりますよ。
ま、アイロンを出す時間もなかったのだと思いますけど。(笑)
Posted by けだま at 2008年03月26日 17:30
白の縁取りは、それを入れたばっかりに少し大きめに仕上がって、
― イャでもコレくらいの大きさは必要ダ……!
と、自分に言い聞かせながらプレゼントしたので、カワイイと言って頂けると救われます(^^;
アイロン…そうですね。時間がなくて思い出しもしませんでした(=゜∇゜)ボー
Posted by 木春 at 2008年03月27日 00:05

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。